2012年07月09日

ペンもノートもパソコンも携帯もすべて道具。

久々にblog更新なんてしてみたりして。

あわわ。時間がない。日数がない。こんにちは。こんばんは。おはよう。ご無沙汰してます。僕です。あんまり眠れないという設定を巧みに利用してますって言いたいブームが到来してます。実際、ここ10年以上あんまり寝られてません。そういう仕様なのかもね。

ま、いいや。

Retina MacBook Proと新型MacBook Air11インチを買いました。Retinaは日本語キーボード、Airは英語キーボード。英語キーボードに慣れてきたから、日本語キーボードだと苦労するかなって思ったけど、そうでもないかも。どっちも慣れた。

キーボードカバーを安いやつポチったら旧型MacBook Pro用だった。んで、液晶保護フィルムも中国から直接取り寄せたらサイズテキトーにされた。Air用のも一緒に発注したけど、そっちはぴったりだったけど、安いのだめだね。

と、そんな訳で、色々と文章を書いたりまとめたりしなくちゃならないんだけど、そろそろ焦って来ました。今まで、いかに無駄な人生を歩んでいたかというのを実感せざるを得ない時間の使い方の下手くそさ加減。


話が前後するけど、道具で言うと、最近、文房具もケチらないと決めて、ペンも紙もデザイン&書き心地で選んでます。

いわゆる消せるボールペン、フリクションとPILOTの油性ボールペン(普通の安いやつ。でもすごく書きやすい)は各箇所に常備させてるけど、主に持ち歩き用に万年筆を探し始めて、試し書きとかさせて貰っていく内に、どんどん魅了されていった次第。

■PARKERのインジェニュイティ、5thテクノロジーペンとの出会いがきっかけ

PARKERの5thテクノロジーペンの書き心地に惚れて買ったのを契機に、シチュエーションに応じて使い分けるべく、万年筆を二本新調して、油性ボールペンもPARKERのを一本買いました。
つか、Amazonの売値どんどん安くなってるね。店頭では21000円なのに半値近い。ここまで値下がってるなら、マジでおすすめ。後述するRODHIAの200円くらいのメモ帳か、プレミアムCDノートにこのペンで書くと感動するよ。特に後者。

あ、ちなみに僕自身に関して言うと、万年筆とかは輸入品だと保証がなかったりするから(知らなかった)、専門店以外では買わない事にした。

油性ボールペンは各社色々と試し書きさせて貰ったけど、PILOTが一番好きかも。PILOTの油性ボールペンで欲しいのが5000円であるんだけど、見た目が安っぽい感じがするデザインなので迷い中。こういうペンってデザインも大事だよね。書き心地ももちろんだけど。

なんだかんだで、PARKERのデザインが好きなのかも。
メインで使ってる万年筆は、あちこちに行って試し書きした結果、買ったPARKERのSONNET。最初はSAILORの長刀ペン買おうと思ってたのに。結局、後に買ったけど。


持ってる万年筆の中ではsonnetが一番、書き心地が好き。
しかしこの万年筆もインジェニュイティも輸入品だと凄く安いね。
いきなりの前言撤回だけど、保証なくても別にいいのかもって思える価格差。注文してお急ぎ便とかで翌日とかに届いてくれるならば、ね。10営業日とか待たされるなら定価で店で買う。
あー、でも万年筆の場合はやっぱりちょっと躊躇。インジェニュイティはあくまで替え芯方式だから、そうそう修理とかメンテのお世話になることなんてないだろうし。

インジェニュイティとソネット両方共、中細なんだけど、それだと字が小さくかつ悪筆な僕は字が潰れてしまうので、一本極細が欲しいと思い買ったのが、セーラーのプロフィット21。

本当は長刀ペンと迷ったんだけど、上手に細く書けなかったので極細。
中細で書いたあと、極細で書くと書きやすすぎてびっくりする。

■紙だって大事。
インジェニュイティ5thテクノロジーペンを試し書きした時、あまりにも滑らかで感動したんだけど、買ってすぐ気付いたのは「あれは一緒にディスプレイされてた紙も上質だった」という事。

そこで、紙も大事なんだと思って色々と試し書きしていきました。基本的にはショットノートを使ってるんだけどね。


ショットノートはメモをカメラで撮影して保管出来るノートなんだけど、ただ写真に撮るだけだと綺麗に平面で撮るのが大変だけど、ショットノートは四隅に識別マークがあってそれに合わせて撮影する事で、平面の書類として読み取ってくれるという優れもの。

で、そのショットノートだけど、数冊をあちこちに置きっぱなしにして、一冊は持ち歩いてます。とっさにメモったりするのは、やっぱり電子じゃなくて紙が便利。すぐ書ける様にしておくのが大事。悪筆な挙句、割とデジタル至上主義者の僕がそう言うんだから、きっとそうなんだと思う。

メモ帳に関しては、持ち歩き用はモレスキンのノートブック。
リビングにはRHODIAのブロックメモを置いてます。
書いて切る様な使い方だと、RHODIAのメモ帳が一番書き心地が良いと思う。値段もカバー付きじゃないメモ帳サイズなら200円しないくらいで手頃だしおすすめ。

  

モレスキンは持ち歩いてる内に、オイルクロス製のカバーが傷ついてきたんだけど、これはむしろちょっとくらい傷ついた方がそれっぽくていいのかもね。すっごい気になってるけど。



肝心の書き心地に関しては、このアピカのプレミアムCDノートブックが圧倒的に書きやすい。
多分、書いてみたらびっくりすると思う。
モレスキンのノート程は高くないし、書き心地だけで選ぶならば間違い無くこのノートブック。
ショットノートもこのくらい書きやすい、上位版というかプレミアム版みたいなのが出てくれればいいのに。

現状、クラウド管理出来るショットノート(撮影したものをアプリ内で管理するだけでなくDropboxやEvernoteに転送出来る)が一番便利なんだけど、他の切れるタイプのノートに書いたものに関しては、ショットノートの上に乗せて撮影してます。


紙とペンを各所に常備させるのって、凄く良いよ。おすすめ!

それまではiPhoneでテキストを打つ形でメモってたんだけど、紙とペンの方が圧倒的に早いからね。iPhoneかAndroidの携帯を使ってるならば、ショットノートだとアプリに取り込んじゃえば済むし、更にdropboxとかEvernoteと同期させておけば管理も便利。

ショットノートの外枠だけの紙を作るとかして、モレスキンとかプレミアムCDノートとかからもっと手軽に取り込めないかな。試してないけど、試してみようかな。


誤字脱字、誤日本語の類は直さない主義です。絶対じゃないけど。
アデュー(本当は半角)
posted by マサキ at 11:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

ブランド物だから選ぶのではなく、数多くの選択肢の中に高級ブランドがあっても良い、という話。

久々のBlog更新。

最近、色々と動きまわってます。ほんとかよ。そう言いたいだけじゃないの? っていうね。
おはよう。こんばんは。こんにちは。僕です。

ブランド物にはあまり執着がないとは言え、好きなブランドがない訳ではないし普通に持ってるけど、例えば時計やバッグ。基本的にパーティとかの時にしか使ってなかったんだけど、もうちょっと普段も使ってみた方が良いのかなあと思い始めました。

もうちょっと付け足すと、ブランド物だから使うとかそういうのではなく、普通に取捨選択の中に時計とかバッグがあっても良いんじゃないかなーっていう。

と、言う訳で、最近ブランド物に限らず極力時計着用を心がけてます。スニーカー同様、偏らない様にローテーション。わかりやすく言えば普段着との融合というか。元々融合できない訳じゃないし、色々な選択肢からチョイスした方が服のバリエーションも広がって楽しいよね。

th_IMG_5696.jpg

今、写真を撮ろうと思ってswatchを探したんだけど、全てなくなってる事に今気づいた。どこやったんだろ……また間違えて捨てちゃったとかだったらIQ低すぎる。


■ちゃんとした文具を持ち歩こう
今までは万年筆と、いわゆる消せるボールペンのフリクションを使ってたんだけど、PARKERのインジェニュイティという新しいペンに一目惚れして衝動買いしました。欲しいデザインが売ってなくて探しまわったんだけど結局Amazonで見つけて、しかもかなり割引されてて安かった。



メモ帳はショットノートとモレスキンのメモ帳を併用してて、前者は利便性、後者は書き心地。今までは百円ショップのメモ帳とかペンとか普通に使ってたんだけど、やっぱり書き心地が全然違うので、FAXの隣においてあるメモみたいなの以外は、ちゃんとしたのを持ち歩こうと誓った次第。

こういう持ち物ってやっぱり大事だよね。

PARKERのペン以外は全て友達に誕生日プレゼントで貰ったのが知ったきっかけだったんだけど、今では欠かせないものに。

ところでA5サイズと思ってたノート型のショットノートがL型という特殊サイズだったので、手帳カバーの類が使えなくてしょんぼり。せっかくキングジム製で合わせたのに。リング型ノートじゃないけど、A6タイプの奴を買おうか、もしくは普通に手帳とそれようのショットノートがいいのか迷い中。


まあ、そんな感じで元気に生きてます。

もうちょっとBlogを更新しよう、という気概だけは持っています。
posted by マサキ at 04:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

CDを一気にポチったので、今すぐ届いて下さい。

※定型文 携帯で見ると改行無視されるのでなんとかするか、なんともしないで下さい。

RIMG0009 


■今日の僕
本やCDは極力街のCD屋さん、街の本屋さんで買う様にしてるんだけど、なかったあれやこれやをまとめて注文しました。インターネッツで注文しました。まだ買ってなかったSAの新譜とCOBRAの新譜は届くの時間かかったら嫌だなー。ってAmazonのMP3データ販売でSAの新譜が1600円で売ってたよ。あー、失敗した。ダウンロード購入してたら今すぐ聴けたのに。ちなみにAA=はiTunesでダウンロード購入。

こんばんは。こんにちは。おはよう。順番シャッフルしてみました。芸術家です。相変わらず体調はイマイチな感じです。この時期はダメですなあ。夏は暑くて死ぬから大嫌いだけど。

中身のない人生をおくってる癖に、なんの自己主張なのか毎日blogを更新しようとするとこういう事になる訳です。うん。だからと言って、言葉の表面だけをそのまんまに受け止めて「最近、中身のない人生おくってるの?」とか馬鹿女に言われたりすると異常に腹がたって、如何に僕が有能であるかを声高らかにアッピールしてしまいたくなるので、やめて下さい。うん? 僕だって人間。誰にも嫌われたくないのです。ラヴアンドピース。うん。


1996年の曲だって。色々すごいね。某放送局で放送してた某物語用のBGM。使われたのは切り取られた部分部分みたいな感じだったけど。色々な展開がある数曲を一纏めにした感じの曲、という指定でした。あ、権利関係は問題なし。

RIMG0016

んで、今はiTunesでダウンロード購入したAA=(えーえーいこーる)のサードアルバムを聴きながら。なんというか、初期のマッドカプセルマーケッツに戻った感じ。いや、パンク化したって意味ではなく、セオリーの破壊みたいな。そういう意味でね。そもそもテクノ的な要素なんてインディーズの頃(改名前も含)からあった訳で。

デジタルを本格的に取り入れたアルバムDIGIDOG HEADLOCKの頃はすっごい斬新だったけど、それ以降はテクノのベーシックなセオリーをなぞって融合化させただけっていうか、好きだけど想像の範疇で今まで毎回得ていた斬新さはなくなってたというか。激しさとポップさのが共存してるのも良さの一つだけど、その部分だけは最低一曲は毎回あって変わらず守られ続けてたけど。

マッドカプセルマーケッツが活動休止して、サウンドメイカーのベースTAKESHIが立ち上げたソロプロジェクトAA=になっても基本的には変わってなくて、デジタル的な面で言うとマッドカプセルマーケッツのボーカルKYONOのソロプロジェクトWAGDUG〜の方が圧倒的にリアルでかっこいい音だったんだけど、このAA=の#3は音的にもベーシックに留まってないし、曲的にも初期〜中期の頃みたいな曲を聴いた時の斬新さ、衝撃を与えてくれるアルバムなので、後期マッドカプセルマーケッツで飽きた人にもおすすめ。定番っぽいので言うといきなり展開変わって強引にメジャーコードのサビになる曲とかね。

前世紀(同音異義語の誤字に非ず)の僕の特定ジャンル曲やアルバム曲を知る人は、如何にマッドカプセルマーケッツの影響を受けてたかはよくわかると思うけど、やはりTAKESHIの作る曲が昔も今もすっごく好きなのです。おはよう!デスパンクで僕が作ってる曲で変則的なのとか繰り返さないサビとか、影響受けてる部分が出てるっちゃ出てるのかな。そんな事言ったら、たまとかもそうだけど。影響って受けてるとしてもメロディとか歌詞とかそういう部分ではないんだよね。

 

まあ、そういう話はいいや。

IMG_4235

それはそれで逆にコンプレックスなんだろうけど、僕は僕が日本人であるという事に誇りを持ってるのです。顔文字のパーツみたいなキリル文字を必死こいて覚えて、必死に勉強したロシア語は今や全くしゃべれません。知ってる単語の羅列のみ。それは英語もまた然りで超残念。中国語もだけど。

やっぱり住むとかして必要に迫られないと使わなくなるし、すぐ忘れるよねってなもんで。会話がなかなか単語がでてこないの。聞き取れても返事が日本語でしか浮かんでこないから(脳内での翻訳、変換に時間かかる。現地語⇔現地語ではないというか)意味ない。

ああ、俺って意味ない存在だったんだね。一人称は特に定めてませんよ。誤字脱字、誤日本語も原則直さない人生をおくってます。直しても言わないけど。

うーむ。相変わらず中身が全くない癖に長文だな。夜は久々に野球だ。楽しみ。

アデュー←本当は半角カタカナ

posted by マサキ at 06:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。